遺伝記 蟲 
 

公開中のエントリー作品
 

[特別編著者同定表を公開しました ..

[特別編応募作の公開を完了しまし ..

蝗の村

夜の蜘蛛は殺すな

虹色の部屋

罪悪感

訴訟社会とゴキブリ男

右手

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月

●公開中の作品を読む
 
フルブラウザ対応携帯はこちら
●公開中の作品一覧

怪集とは?
怪集のルール

こんな作品を募集します
作品応募についての諸々
優秀作はあなたが決める
結果発表と賞金と権利

読み方ガイド(読者向け)
攻略ガイド
(応募者向け)
最新因果地図(画像)
最新因果系図
(右クリックで保存)

応募CGIの使用法
審査(講評)の仕方
怪集FAQ

[怪集]主催者からのお知らせ
怪集/2009質疑応答(BBS)

怪集/2009講評漏れ確認(BBS)

怪集 トップページ

怪集について
問い合わせる





祭囃子
貴方は祭囃子を聞きたくない。郷愁をかき消すテープノイズ、協賛店の名を照らし出すダイオード仕掛けの提灯、合成繊維の浴衣姿の家族連れとカップルで溢れ返る参道。両側にずらり並んだ出店から売り声が乱れ飛ぶ。もううんざりだ。喧騒に疲れ連れとはぐれた貴方は人波に大分と流されてしまった。涼を求めて分け入った誰もいない裏道、まっすぐ奥の院に続く道の30メートルほど先にぽつんと明かりが点っている。目を凝らせばどうやら綿菓子の屋台。原色のマスコットが印刷された袋が何十個も、軒先でぶらぶら揺れている。俯いていた店員の影が顔を上げ、こちらに会釈した。何故だろうどこか懐かしい。久しぶりに綿菓子もいいかもしれない。貴方は屋台へ近づいていく。背後の喧騒から出来るだけ早く逃れ、でも浴衣の合わせを崩さないよう小走りで。凪いだ夜の空気が向かい風となって肌を冷やす。貴方は屋台へ近づいていく。ふと過ぎる疑問。風のない夜に?軒先のビニールは揺れている?急には止れない下駄履きの足は、あなたの意思とは裏腹に目的地への距離を縮めていく。だんだん見える。分かってくる。屋台に見えたモノの正体が。テントは破れ骨組みが剥き出し。赤錆びた機械は沈黙したまま。ああ、懐かしさも当然。日焼けし風化した袋の上で微笑むのは、ベルちゃんとかいう20年前のマスコットだ。店先で激しく揺れる沢山の朽ちた包み。半透明の膜の中、綿菓子のように包まれてもがき苦しむ腕や脚の影。やあ、いらっしゃい。立ちすくむ貴方に店主が八本の足を広げて歓迎の意を示す。祭りに向けての仕入れがね、足りなくなって困ってたんです。逃げようとしても動けない。細く白い糸が足に幾重にも絡まっている。振り払おうとした腕が、叫ぼうとした舌が、遂には意識が、細く強靭な糸の海に飲み込まれ、圧縮されていく。店先にまた一つ、汚れた袋が吊られる頃、貴方に祭囃子はもう聞こえない。



17:31, Tuesday, Aug 11, 2009 ¦ 固定リンク ¦ 講評(11) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(4) ¦ 携帯


■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/trackback.cgi20090811173120

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/blog.cgi/20090811173120

» 【0】祭囃子 [せんべい猫のユグドラシルから] ×
 雰囲気はとてもいいです。 ただ、全体的に急ぎ足で文章がみっちりしすぎており、余裕がないです。 携帯からの投稿でも改行の挿入は可�... ... 続きを読む

受信: 15:37, Wednesday, Aug 12, 2009

» 【0】祭囃子 [もけもけ もののけから] ×
う〜ん。描写を凝らされた文章ですね。世界観を意識したのは、分かります。ただ、作品の中の盛り上がりポイントが、分かり辛い。過剰�... ... 続きを読む

受信: 00:02, Thursday, Aug 13, 2009

» 【−1】祭囃子 [日々、追憶…から] ×
雰囲気はあると思います。そしてとても文章力のある方だとも思います。しかしどうにもみっちり詰め込みすぎて「相手に読ませよう」とい縺... ... 続きを読む

受信: 14:49, Thursday, Aug 13, 2009

» 【0】祭囃子 [峠の塩入玄米茶屋/2009から] ×
この世界観は嫌いではないが、如何せん読み辛い。内容はなかなか幻想的であり、面白いとは思うのだが、文章形態で損をしている印象である。読み手としては、このようにみっちりと隙間なく詰め込まれていると、見ただけで読もうとする気力が萎える。適度に改行して行間を開 ... 続きを読む

受信: 20:13, Tuesday, Sep 15, 2009

■講評

恐怖度0
文章力0
構成力0
アイデア0

とんだお祭りですね。しかし、蜘蛛の罠がお祭りの出店の必要があったのかなあ。綿菓子と捕らえられた蜘蛛の餌食をかけたのかしら?
それにしても情景がわかりずらいですね…。

名前: 妖面美夜 ¦ 00:19, Wednesday, Aug 12, 2009 ×


 なるほど。
 あの綿菓子を作る時の糸がまるでクモの糸みたいですもんね。
 そのアイディア、着眼点がすごくいいです。
 そういうのはなかなか出てこない。

 あとは読んでもらいやすくする工夫ですね。
 難しいとは思いますが頑張ってください。

【アイデア】+1、【描写力】0、【構成力】0、【不思議度】+1

名前: ユージーン ¦ 21:20, Wednesday, Aug 12, 2009 ×


作中の「貴方」と「あなた」は意図的に使い分けられたものなのでしょうね。それが誰なのかを推測するのがこの作品の面白さなのでしょう。
800字近くの文字数でぎゅっと詰め込んで書かれた作品でありますが、この長さで技法が前に出てしまうと小説の面白さとしてはどうかなと感じなくもなかったです。

アイデア・1

名前: 気まぐれルート66 ¦ 22:50, Wednesday, Aug 12, 2009 ×


なるほど。
こういう表現もアリですね。
いや、表現としては良かったのですが、如何せん、読み辛かったです。
これだけ文章が詰まっちゃうとイメージし難くなるので、もう少し、読み手への考慮が欲しかったかなぁと思います。


名前: PM ¦ 19:34, Sunday, Aug 16, 2009 ×


発想はいいです。祭りの描写にもの悲しさがある。
ただどうしても二人称にする必然性が感じられないのが残念です。
倉橋由美子先生の「暗い旅」というのが二人称の傑作だと思うので、ぜひ一度読んでみてください。

文章―−1
構成―0
恐怖―1

名前: あおいさかな ¦ 14:50, Saturday, Aug 22, 2009 ×


読みづらいです。

名前: もりもっつあん ¦ 11:52, Tuesday, Aug 25, 2009 ×


二人称はインパクトがありますね。
改行が全くないのが、気持ち悪くてこの作品の雰囲気を盛り上げてると思います。横書きで確かに読みにくさは感じましたが、同時に魅力にも思えました。

*文章+1 *描写+1

名前: げんき ¦ 00:16, Wednesday, Sep 02, 2009 ×


・アイディア±0
 可もなく不可もなく。縁日を舞台にしたことは、面白いと思う。
・描写と構成±0
 ゲームブック風のテキストを狙ったのだろうか。それとも、画面ぎっちりと文字を詰め込むことに価値を見いだしたのだろうか。いずれにせよ、点数に変動はない。このくらいの長さなら私は気にならないが、読みにくいという人もいると思う。個人的に出だしと「?」の後は一字空けろ、とは思う。
 また、文章に雰囲気はあると思った。プラスにするほどではないが。
・怖さ±0
 可もなく不可もなく。
・買っても後悔しない魅力±0 傑作選を買った結果、手に入るなら、歓迎する。しかし、購入理由になるかというと、とても微妙。

名前: わごん ¦ 23:00, Wednesday, Sep 16, 2009 ×


私自身は、二人称は用いたことがありません。これからも使わないだろうと思います。文章の隅々にまで巧緻を凝らし、文体を均一に保つのが難しいだろうと思うからです。
あえて二人称を用いた意図は判りませんが、その努力はなかなかのものだと思います。

発想・1 構成・-1 文章・0 恐怖・0

名前: 三面怪人 ¦ 02:17, Friday, Sep 25, 2009 ×


読みにくいですが、夢の中のような幻想的な効果はありますね。
軒下の袋が藻掻いている様は、想像すると確かに怖かったです。

アイデア  1
文章    0
構成   −1
恐怖度    1

名前: 鶴の子 ¦ 08:00, Friday, Sep 25, 2009 ×


暗黒童話みたいな内容でいいですね。2人称を使った文章も雰囲気作りに貢献していると思います。ただ、webでこうみっしり文章を詰められると読みにくいです。こうする必然性がなかったのなら、改行して欲しかった。

名前: 水本しげろ ¦ 22:16, Friday, Sep 25, 2009 ×


△ページのトップへ
 

▲怪集 総扉

主催者からのお知らせ
公開中の作品一覧
最新因果地図(画像)
審査用チェックシート
戯作三昧 on 蝗の村

戯作三昧 on ある告白

戯作三昧 on 地獄蟻

気まぐれルート66 on 蝗の村

げんき on 蝗の村

げんき on 夜の蜘蛛は殺すな

げんき on

ほおづき on 夜の蜘蛛は殺すな

ほおづき on

げんき on 虹色の部屋

【−2】友情 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+2】蝶々妹 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】シデ、ムシ (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】わらいごと (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+1】シュレーディンガーの蚊 .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】地獄蟻 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】柿の木だけが知っている (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】ある告白 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】あなたの気持ちが知りたく .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】遠い光 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

   URLを携帯にメールする

この作品/記事のURLをQRで読む

QRコードの中に
潜む実話怪談

■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE