遺伝記 蟲 
 

公開中のエントリー作品
 

[特別編著者同定表を公開しました ..

[特別編応募作の公開を完了しまし ..

蝗の村

夜の蜘蛛は殺すな

虹色の部屋

罪悪感

訴訟社会とゴキブリ男

右手

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月

●公開中の作品を読む
 
フルブラウザ対応携帯はこちら
●公開中の作品一覧

怪集とは?
怪集のルール

こんな作品を募集します
作品応募についての諸々
優秀作はあなたが決める
結果発表と賞金と権利

読み方ガイド(読者向け)
攻略ガイド
(応募者向け)
最新因果地図(画像)
最新因果系図
(右クリックで保存)

応募CGIの使用法
審査(講評)の仕方
怪集FAQ

[怪集]主催者からのお知らせ
怪集/2009質疑応答(BBS)

怪集/2009講評漏れ確認(BBS)

怪集 トップページ

怪集について
問い合わせる





害虫駆除
 上記作品を準児童ポルノと認定しました。掲載の停止と著者名等の情報開示を求めます。















(事務局注:このエントリーは、「作品」として応募された内容であり、事務局からの閲覧差し止め等を求めるものではありません)

02:56, Saturday, Aug 15, 2009 ¦ 固定リンク ¦ 講評(15) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(4) ¦ 携帯


■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/trackback.cgi20090815025649

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/blog.cgi/20090815025649

» 【−6】害虫駆除 [せんべい猫のユグドラシルから] ×
 作品としてあえて評価するならば、インパクトを狙った以外の拾うべき所は何一つありません。 そのインパクトにしても独創性を感じません... ... 続きを読む

受信: 22:51, Saturday, Aug 15, 2009

» 【−6】害虫駆除 [もけもけ もののけから] ×
正直、狙いは分かります。でも…作品としては、私は受け付けられません。【因果性を無視している為】−6 ... 続きを読む

受信: 01:29, Tuesday, Aug 25, 2009

» 【−5】害虫駆除 [日々、追憶…から] ×
多分、人によって好みはわかれるとは思います。インパクトを狙ったある意味ブラックジョークにもとれますが、これって遺伝元の作品を書い�... ... 続きを読む

受信: 14:03, Tuesday, Aug 25, 2009

» 【−6】害虫駆除 [峠の塩入玄米茶屋/2009から] ×
グダグダは言うまい。「小説」としての作品の体を成していないという事で。 奇をてらえば良いというものではない −6 超ー1/2009害虫駆除 ... 続きを読む

受信: 23:13, Thursday, Sep 17, 2009

■講評

恐怖度0
文章力0
構成力0
衝撃1
一瞬、本当にそうなのかと思い、ぎょっとしました。衝撃はあったです。
しかし、これだけではあまりにも情報量が少なすぎて、作品として成立するかどうかは正直微妙ですね。

名前: 妖面美夜 ¦ 16:38, Saturday, Aug 15, 2009 ×


題名こそ虫絡みではありますが、このドッキリさはスパムや架空請求の類と変わりがないのではないかと思います。
小説としての評価は出来ません。

名前: 気まぐれルート66 ¦ 22:24, Saturday, Aug 15, 2009 ×


講評を読み、やっと意味を理解できた (鈍いなぁ)

アイデアとしては評価したいが、「事務局注」の部分まで著者が書いたのでなければ、やはり作品としては成立していないと思われる。

名前: 六条麦茶 ¦ 03:31, Saturday, Aug 22, 2009 ×


 なるほどね。主張したかったんだ。
 廃案になってよかったね。

名前: ユージーン ¦ 23:11, Wednesday, Sep 02, 2009 ×


え?
これって、何か面白いところがあるんですかね?
困った…。こういうジョーク?が解らなくなってきた…。
まあ、全ての読者が本質を理解出来るわけではない、という事で。

名前: PM ¦ 19:04, Tuesday, Sep 08, 2009 ×


初読時、トップにあがっていたので衝撃度はかなりのものでした。一瞬信じかけてしまったのですが、それは「準」だったからなんですよね。「準」がなかったら、引っかかりも衝撃もなかったと思います。

*「準」を付けられたことに+1

名前: げんき ¦ 23:28, Thursday, Sep 10, 2009 ×


本に載ったとして「上記」では無いですよね。
載せるつもりもない作品だと思うので、当然、この点数です。

名前: もりもっつあん ¦ 01:24, Wednesday, Sep 16, 2009 ×


・アイディア±0
 どっきりジョークとしては、とてもありがち。
・描写と構成±0
 「。」の禁則処理込みで一行に収めたということだろうか。努力は買うが、私の基準だと、それは評価の対象にはならない。
・怖さ+1
 これほど恐ろしいことはない。
・買っても後悔しない魅力−1 掲載方法にもよるが、これが本に載ったら1Pの残り大半が白紙になって勿体なさそうなので。

名前: わごん ¦ 01:56, Friday, Sep 18, 2009 ×


折角の休日を講評にあてているのは、小説が読みたいからです。
小説以外に点数を付ける義務はありません。

名前: 三面怪人 ¦ 14:37, Friday, Sep 25, 2009 ×


「準」児童ポルノって、どんなものなんだろうという疑問だけ残りました。

アイデア  1
文章   −1
構成   −1
恐怖度   −1


名前: 鶴の子 ¦ 20:59, Friday, Sep 25, 2009 ×


驚愕 1
見た瞬間、「えっ?!」と仰天しましたが、最後の部分と他の方々の講評を読んで、その意味を知ることが出来ました。アイデアは面白いと思います。

名前: 白長須鯨 ¦ 17:09, Saturday, Sep 26, 2009 ×


実は人生がバカバカしくなった時に見に来るんだよね。
ありがとう。
色々と開き直れる。

名前: あおいさかな ¦ 18:57, Sunday, Sep 27, 2009 ×


初読時、?となって遺伝元を調べてみましたが、これ、ブラックジュークの類ですか。驚かせようとしたのなら大成功だと思いますが、読み手としては物語を読みたかったです。

名前: 水本しげろ ¦ 21:47, Sunday, Sep 27, 2009 ×


発想ー1 文章0 構成ー1 恐怖ー1
えらいことになってしまいましたね。
ドンマイドンマイ。

名前: 戯作三昧 ¦ 01:01, Monday, Sep 28, 2009 ×


アイデア、インパクト、という点では秀逸かも知れません。ただ、創作というものはサービス業に似て、「〜をして、顧客に喜んで戴き、金銭を頂戴する」というイメージを持つ私の主観からでは「これでお金はとれないだろうなあ」という結論に達しましてこの評価で。
ただ、過去にどこかの本でこのような作風のものが掲載されていたのを見た事があるような記憶もあるにはあるのですが。

名前: 籠 三蔵 ¦ 07:26, Thursday, Oct 01, 2009 ×


△ページのトップへ
 

▲怪集 総扉

主催者からのお知らせ
公開中の作品一覧
最新因果地図(画像)
審査用チェックシート
戯作三昧 on 蝗の村

戯作三昧 on ある告白

戯作三昧 on 地獄蟻

気まぐれルート66 on 蝗の村

げんき on 蝗の村

げんき on 夜の蜘蛛は殺すな

げんき on

ほおづき on 夜の蜘蛛は殺すな

ほおづき on

げんき on 虹色の部屋

【−2】友情 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+2】蝶々妹 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】シデ、ムシ (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】わらいごと (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+1】シュレーディンガーの蚊 .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】地獄蟻 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】柿の木だけが知っている (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】ある告白 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】あなたの気持ちが知りたく .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】遠い光 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

   URLを携帯にメールする

この作品/記事のURLをQRで読む

QRコードの中に
潜む実話怪談

■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE