遺伝記 蟲 
 

公開中のエントリー作品
 

[特別編著者同定表を公開しました ..

[特別編応募作の公開を完了しまし ..

蝗の村

夜の蜘蛛は殺すな

虹色の部屋

罪悪感

訴訟社会とゴキブリ男

右手

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月

●公開中の作品を読む
 
フルブラウザ対応携帯はこちら
●公開中の作品一覧

怪集とは?
怪集のルール

こんな作品を募集します
作品応募についての諸々
優秀作はあなたが決める
結果発表と賞金と権利

読み方ガイド(読者向け)
攻略ガイド
(応募者向け)
最新因果地図(画像)
最新因果系図
(右クリックで保存)

応募CGIの使用法
審査(講評)の仕方
怪集FAQ

[怪集]主催者からのお知らせ
怪集/2009質疑応答(BBS)

怪集/2009講評漏れ確認(BBS)

怪集 トップページ

怪集について
問い合わせる





ループ
 目の前の壁に蟻が這っている。
 無性に潰したくてしょうがなくなった。
 徐に親指を押し当てる。

 ── ぷちっ

「ああ、スッとした」
 そう呟いた瞬間、頭の上から黒い影が差し、ゆっくりと体全体に掛かる圧迫感。
 く、苦し…潰れそ──

 ── ぷちっ


「ああ、スッとした」



03:00, Tuesday, Aug 18, 2009 ¦ 固定リンク ¦ 講評(14) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(5) ¦ 携帯


■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/trackback.cgi20090818030044

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/blog.cgi/20090818030044

» 【0】ループ [せんべい猫のユグドラシルから] ×
 ショートとしてはかなりまとまっていて綺麗に落ちています。 ただ、ネタとしてはかなりベタで、しかもそれが題名によって割と容易に想像... ... 続きを読む

受信: 20:11, Tuesday, Aug 18, 2009

» 【+1】 ループ [怪集/2009 開催中!端くれでもいい、モノカキになりたい!から] ×
題名にひと工夫ほしいところです。素直すぎる題名からネタばれしてしまっているのが、もったいない気がします。理不尽に蟻をつぶせる人間だって、もっと大きな存在からみれば理不尽につぶされる存在に過ぎない、という教訓が含まれている寓話と思えば、悪くないまとまり .. ... 続きを読む

受信: 00:31, Thursday, Aug 20, 2009

» 【−2】ループ [もけもけ もののけから] ×
う〜ん。このパターンは、漫画で結構表現されています。タイトルでネタバレな所もありますし…ぶっ飛んだ発想をもう一つ欲しかったで�... ... 続きを読む

受信: 01:51, Tuesday, Aug 25, 2009

» 【−1】ループ [日々、追憶…から] ×
本来ならこのようなショートストーリーは大好きです。でも今回は如何せん内容が「よくある話」に収まってしまったのが残念。これは古く縺... ... 続きを読む

受信: 14:23, Tuesday, Aug 25, 2009

» 【+1】ループ [峠の塩入玄米茶屋/2009から] ×
んん〜。やや定番な感は否めない。もう少し違った展開があればなぁ。たとえば、蟻を潰した人間を潰そうとしていたのは実は蟻だったとか。種として最初に出されていたら良かったかも。だだ、このシンプルさは個人的には嫌いじゃない。 発想 +1 描写  0 構 ... 続きを読む

受信: 00:52, Wednesday, Sep 23, 2009

■講評

いろんなループが入り組んだ話なら面白かったかと思うんですが、作品にもうひとふんばり欲しかったです。

アイデア・−1

名前: 気まぐれルート66 ¦ 14:36, Wednesday, Aug 19, 2009 ×


恐怖度0
文章力0
構成力0
アイデア0
つぶしたら、つぶされたって事ですね。面白くはあるんですが。
ブラックジョークにするにしても、これだけだと捻りが足りないかなあ。

名前: 妖面美夜 ¦ 21:15, Thursday, Aug 20, 2009 ×


ぎゃはははは!
笑えた! ああ、スッとした。

怖さ―0
文章―0(短くて評価不能)
構成―0(余計な改行がなければ……)
インパクト―+1

名前: あおいさかな ¦ 01:29, Friday, Aug 21, 2009 ×


 一発ネタで。
 こういうのもいいんじゃないでしょうか(笑)。

【アイデア】+1、【描写力】0、【構成力】0、【恐怖度】0

名前: ユージーン ¦ 23:22, Wednesday, Sep 02, 2009 ×


ああ…、これは昔から良くある話…。
正直、今更感があります。

名前: PM ¦ 19:12, Tuesday, Sep 08, 2009 ×


「ゆっくりと」なのがいいですね。
人間がアリを一瞬で潰したと思っても、アリからしてみればかなり長い時間をかけての圧殺らしいと、昔授業で聞いたことがあります。自業自得とはいえ、これも最高に嫌な死に方ですね。

*文章+1 *


名前: げんき ¦ 23:44, Thursday, Sep 10, 2009 ×


ショートショートとしては定番かと思います。
今更感は確かに拭えませんね。

文章+1
アイデア−1

名前: もりもっつあん ¦ 01:31, Wednesday, Sep 16, 2009 ×


・アイディア±0
 よくある話だと思う。書くのは大変そうなのだが。
・描写と構成±0
 可もなく不可もなく。
・怖さ±0
 可もなく不可もなく。
・買っても後悔しない魅力±0 可もなく不可もなく。

名前: わごん ¦ 02:00, Friday, Sep 18, 2009 ×


ダラダラと不必要に長い作品が続く中、これだけ切れ味の良い作品は目覚ましの珈琲のようでした。
このループ、延々と続きそうですね。

発想・1 構成・0 文章・1 恐怖・0

名前: 三面怪人 ¦ 14:55, Friday, Sep 25, 2009 ×


どうもループネタそのものなので、感心は出来ませんでした。

アイデア  −1
文章     0
構成    −1
恐怖度    −1


名前: 鶴の子 ¦ 02:13, Saturday, Sep 26, 2009 ×


恐怖 1
ユーモア 1
明快さ 1
さっぱりとした感じが、いかにもショートショートらしくて良いと思います。このループがどんな存在によって、どれぐらいまで続けられるのかが気になる部分です。

名前: 白長須鯨 ¦ 17:05, Saturday, Sep 26, 2009 ×


発想−1 文章0 構成0 恐怖0
うーん。それだけかぁ、といった感じです。
あまり心が動きませんでした。

名前: 戯作三昧 ¦ 14:45, Sunday, Sep 27, 2009 ×


簡潔にまとめてあるとは思いますが、ストレート過ぎるというか、ありがちに感じてしまった。

名前: 水本しげろ ¦ 22:05, Sunday, Sep 27, 2009 ×


いろいろな意見もおありでしょうが、
「ああ、すっきり纏めてあるなあ」と
ちょっと感心したりして。
細かいことは申さずにこちらの評価でお願いいたします。

名前: 籠 三蔵 ¦ 22:06, Thursday, Oct 01, 2009 ×


△ページのトップへ
 

▲怪集 総扉

主催者からのお知らせ
公開中の作品一覧
最新因果地図(画像)
審査用チェックシート
戯作三昧 on 蝗の村

戯作三昧 on ある告白

戯作三昧 on 地獄蟻

気まぐれルート66 on 蝗の村

げんき on 蝗の村

げんき on 夜の蜘蛛は殺すな

げんき on

ほおづき on 夜の蜘蛛は殺すな

ほおづき on

げんき on 虹色の部屋

【−2】友情 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+2】蝶々妹 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】シデ、ムシ (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】わらいごと (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+1】シュレーディンガーの蚊 .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】地獄蟻 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】柿の木だけが知っている (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】ある告白 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】あなたの気持ちが知りたく .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】遠い光 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

   URLを携帯にメールする

この作品/記事のURLをQRで読む

QRコードの中に
潜む実話怪談

■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE