遺伝記 蟲 
 

公開中のエントリー作品
 

[特別編著者同定表を公開しました ..

[特別編応募作の公開を完了しまし ..

蝗の村

夜の蜘蛛は殺すな

虹色の部屋

罪悪感

訴訟社会とゴキブリ男

右手

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月

●公開中の作品を読む
 
フルブラウザ対応携帯はこちら
●公開中の作品一覧

怪集とは?
怪集のルール

こんな作品を募集します
作品応募についての諸々
優秀作はあなたが決める
結果発表と賞金と権利

読み方ガイド(読者向け)
攻略ガイド
(応募者向け)
最新因果地図(画像)
最新因果系図
(右クリックで保存)

応募CGIの使用法
審査(講評)の仕方
怪集FAQ

[怪集]主催者からのお知らせ
怪集/2009質疑応答(BBS)

怪集/2009講評漏れ確認(BBS)

怪集 トップページ

怪集について
問い合わせる





蝶が一匹、1
女は年上の男と二人吊り橋の上を歩いていた。男はゼミの担当教授で妻子持ちだった。不倫旅行だった。時計を見ると午前2時半だった。こんな夜中の散歩を言い出したのは男のほうだった。だが男は女と視線を合わせようとしなかった。女のほうは男に惚れ抜いていた。捨てられることが本当に怖かった。話題は途切れ聞こえる音といえばワイヤーの軋む音だけだった。
二人の間を、蝶が一匹、飛んでいった。
見たこともない蝶だった。きれいな光る蝶だった。
女は蝶を見て息を呑んだ。ねえねえすごい光ってるよと殊更はしゃいでみせた。男は生返事を返した。女は焦って言葉をつないだ。私蝶捕まえるの得意なの見てて、と笑った。男も微笑み返し、僕は嘘つきは嫌いだよ、と言った。目が笑っていなかった。女はますます焦った。
二人から少し離れた橋げたに蝶が止まっていた。羽を畳んだ姿がぼんやり緑色に明滅していた。
女は躊躇せずに駆け寄った。
一歩目で妙な音がした。二歩目で脚が沈んだ。3歩目を踏み出せなかった。腐った橋に大穴が開いていた。とっさに手を伸ばしたがワイヤーは掴めなかった。女はそのまま落ちていった。男の顔が一瞬見えた。全くの無表情だった。水音がかすかに聞こえた。助かるはずがなかった。
男と蝶は動かなかった。先に蝶が輝きながら飛び去った。やがて男も元来た橋を引き返した。薮から看板を出して橋の入り口に吊った。予め取り外していた「通行禁止」の看板だった。穴に女を突き落として殺すつもりだった。蝶が飛んできたのはそんな時だった。結果女は勝手に落ちていった。心配事はなくなった。男は旅館に戻った。これからはぐっすり眠れると思った。



15:12, Sunday, Sep 06, 2009 ¦ 固定リンク ¦ 講評(13) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(4) ¦ 携帯


■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/trackback.cgi20090906151219

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/blog.cgi/20090906151219

» 【−5】蝶が一匹、1 [もけもけ もののけから] ×
あの〜、厳しいことを言うようですが、大変読みにくいです。「〜た。」の連発は読み手のリズムを崩します。敢えてそうした。と、思えると�... ... 続きを読む

受信: 19:33, Sunday, Sep 06, 2009

» 【−3】蝶が一匹、1 [せんべい猫のユグドラシルから] ×
 残念ながら、小説未満と言わざるを得ません。 現段階は肉やタマネギといった素材を揃えた前段階です。 それをいかに調理し、熟成し、�... ... 続きを読む

受信: 20:56, Sunday, Sep 06, 2009

» 【−2】蝶が一匹、1 [日々、追憶…から] ×
えっと、「〜た」で終わる書き方は意図してそう書かれたのでしょうか?詩の連鎖形式みたいな……。どのような意図で書かれたのかは分か繧... ... 続きを読む

受信: 22:33, Sunday, Sep 13, 2009

» 【−4】蝶が一匹、1 [峠の塩入玄米茶屋/2009から] ×
簡単に書いたあらすじを読まされた気分。プロットの段階であり、この状態で出品するのはどうかと。ここから肉付けをしていかなければならないのだが。因果元が短く綺麗に纏まっているだけに、余計に稚拙さが目立った。 発想  0 描写 −2 構成 −1 恐怖 −1 ... 続きを読む

受信: 22:07, Friday, Sep 25, 2009

■講評

これは「あらすじ」です。
もうちょっと、本を読まれたほうがいいと思います。
そして、本屋に売ってる小説本のように書いてみてください。

名前: あおいさかな ¦ 23:47, Tuesday, Sep 08, 2009 ×


メモ書きみたいな感じですね。
まずはここから文章を起こしてみてください。

名前: PM ¦ 19:35, Wednesday, Sep 16, 2009 ×


文体で奇をてらったんでしょうか。逆効果ですよ。
それに語尾を揃えるなら揃えるで徹底して欲しいです。
完全に遺伝元とリンクした作品で、単体での価値はないと思います。

名前: もりもっつあん ¦ 22:47, Wednesday, Sep 16, 2009 ×


恐怖度0
文章力0
構成力0
アイデア1
小説のプロットのような感じですね。箇条書き的すぎて、文章に感情がこもっていないのが残念です。もう少し書き込めたら話的にはおもしろいので良くなったかなあと。

名前: 妖面美夜 ¦ 18:19, Friday, Sep 18, 2009 ×


・アイディア±0
 他の話の前日談を書くのは、怪集の趣旨から考えても良いのだが、内容が極めて普通に思える。
・描写と構成±0
 描写、極めて普通。「〜た。」止めの連続はわざとにしろ本気にしろ、効果がないと思う。構成、普通。
・怖さ±0
 殺人を描写されるだけでは怖くない。男女の心理描写なども普通の域かと思う。
・買っても後悔しない魅力−1
 普通すぎて魅力がないような。結末を遺伝元に委ねている気がするのも、単体としての完成度を大幅に下げているため、否定材料になる。

名前: わごん ¦ 00:03, Monday, Sep 21, 2009 ×


小説としてこれはちょっと、と思ってしまいました。
これがプロットならば……といった印象。


名前: メタ郎 ¦ 02:30, Monday, Sep 21, 2009 ×


蝶が現れて懸命にはしゃいでみせる女。「僕は嘘つきは嫌いだよ」が彼女の心にどれほど深く突き刺さったか。女に感情移入して読んだせいか、とても哀しい話だと思いました。

*女の絶望感+1 *恐怖−1

名前: げんき ¦ 22:58, Tuesday, Sep 22, 2009 ×


発想0 文章ー1 構成−1 恐怖ー1
もっと書き込むべきだと思います。
書き方によっては雰囲気を出せる内容だと思います。
あと、話の導入部で終わってしまったような感じですね。

名前: 戯作三昧 ¦ 05:03, Thursday, Sep 24, 2009 ×


 書きたいことはわかるんだよね。
 人の心の中に潜む密やかな悪意。

 まず、ひとつ、誰の視点で書かれているのかってのがはっきりしないんだよね。
 たぶん、御自分で書かれていても気づいていると思うんです。
 いろいろ書きたい事があるんだけど、どういうふうに配置すべきなのかって迷いに。
 そういう時はやはり、一人の人間に視点を絞って行くのがいいと思いますよ。

【アイデア】+1、【描写力】0、【構成力】0、【恐怖度】0

名前: ユージーン ¦ 22:04, Thursday, Sep 24, 2009 ×


何よりもまず、自分の書いた物を再読してみてください。言葉・文章・響き・人物描写・流れ。全てを冷静に集中して読んでみてください。
その後で、皆さんの講評を読んでみてください。
そうすれば、何故これほど低い点数しか集まらないかお判りになると思います。

発想・-1 構成・-1 文章・-1 恐怖・-1

名前: 三面怪人 ¦ 22:02, Friday, Sep 25, 2009 ×


これは小説を書くためのメモの段階ですね。
これでも本格的に書くと怖くなるんじゃないかなあ。

アイデア   −1
文章     −1
構成     −1
恐怖度      0


名前: 鶴の子 ¦ 09:43, Sunday, Sep 27, 2009 ×


これは採点するのが少々辛い作品ですね・・・。
深い意味が他にあるのかなと何度か読み返してみましたが、ここに書かれている事以外にはちょっと思いあたらかったです。
前半は想像させる事に徹しようとしているのに、後半で丁寧に種明かしをしたのが良くなかったのかなとも思います。
どこまで見せてどこを隠すかの配分は匙加減がなかなか難しいでしょうから、試行錯誤するしかないのかもしれませんが。

あとはタイトルですね。
もしかしたらこの続きを投稿されようとしていたのか、とても気になる所であります。

アイデア・−1、描写力・−1、構成力・−1

名前: 気まぐれルート66 ¦ 21:33, Tuesday, Sep 29, 2009 ×


この文章は意図してやられたのでしょうか?まるで翻訳文章を直訳したかのような(困)
完成度という尺度から見てしまいますと、加点出来る範疇ではないかと思います。またストーリーにも工夫が感じられませんでしたので、申し訳ありませんがこの評価でお願いします。

名前: 籠 三蔵 ¦ 20:03, Thursday, Oct 01, 2009 ×


△ページのトップへ
 

▲怪集 総扉

主催者からのお知らせ
公開中の作品一覧
最新因果地図(画像)
審査用チェックシート
戯作三昧 on 蝗の村

戯作三昧 on ある告白

戯作三昧 on 地獄蟻

気まぐれルート66 on 蝗の村

げんき on 蝗の村

げんき on 夜の蜘蛛は殺すな

げんき on

ほおづき on 夜の蜘蛛は殺すな

ほおづき on

げんき on 虹色の部屋

【−2】友情 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+2】蝶々妹 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】シデ、ムシ (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】わらいごと (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+1】シュレーディンガーの蚊 .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】地獄蟻 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】柿の木だけが知っている (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】ある告白 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】あなたの気持ちが知りたく .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】遠い光 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

   URLを携帯にメールする

この作品/記事のURLをQRで読む

QRコードの中に
潜む実話怪談

■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE