遺伝記 蟲 
 

公開中のエントリー作品
 

[特別編著者同定表を公開しました ..

[特別編応募作の公開を完了しまし ..

蝗の村

夜の蜘蛛は殺すな

虹色の部屋

罪悪感

訴訟社会とゴキブリ男

右手

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月

●公開中の作品を読む
 
フルブラウザ対応携帯はこちら
●公開中の作品一覧

怪集とは?
怪集のルール

こんな作品を募集します
作品応募についての諸々
優秀作はあなたが決める
結果発表と賞金と権利

読み方ガイド(読者向け)
攻略ガイド
(応募者向け)
最新因果地図(画像)
最新因果系図
(右クリックで保存)

応募CGIの使用法
審査(講評)の仕方
怪集FAQ

[怪集]主催者からのお知らせ
怪集/2009質疑応答(BBS)

怪集/2009講評漏れ確認(BBS)

怪集 トップページ

怪集について
問い合わせる





鳩の使い
この作品は、Kindle向け電子書籍として刊行されました。
KDPセレクトの規約に基づき、弊サイトでの無償公開を完了します。
以後、作品はKindleでご覧いただけます。

『異伝記』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CZXYJFM/


Kindleでの電子書籍閲覧は、Kindle Paperwhite、Kindle Fire/HDなどの電子書籍閲覧専用端末の他に、Androidスマホ/タブレットなどのAndroid端末、iPhone、iPad、iPod touchなどのiOS端末などでご覧頂けます。
この機会に是非お試し下さい。

18:27, Wednesday, Dec 09, 2009 ¦ 固定リンク ¦ 講評(4) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(2) ¦ 携帯


■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/trackback.cgi20091209182708

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.kaisyu.info/2009/entry-blog/blog.cgi/20091209182708

» 【0】鳩の使い [せんべい猫のユグドラシルから] ×
 読んでいてかなり落ち着かない話でした。 それは話中に登場する「黄金の鳩」のように、読む側として気持ちを乗せる人物がいないのが原因... ... 続きを読む

受信: 22:21, Wednesday, Dec 09, 2009

» 【−1】鳩の使い [もけもけ もののけから] ×
ある種、文学というのでしょうか?読み取れ!感が強い作品です。感想としては、読み取れません。情報があまりにも暫定的です。どうとで... ... 続きを読む

受信: 00:49, Thursday, Dec 10, 2009

■講評

すみません…。
私には読み解けないです…。
頭悪くてホント、すみません…。

名前: ほおづき ¦ 21:27, Wednesday, Dec 09, 2009 ×


完成度は高くない。断じて。
中盤まで悲しんだり怒ったりホームレスに自己投影する割には何も行動しない主人公には苛々します。

だけど、この作品には『小説』と呼ぶに足る確たる心性が存在します。そのように評価できる投稿作品は、そうそう多くはありません。
それ故に、高く評価します。

名前: あおいさかな ¦ 23:51, Saturday, Dec 12, 2009 ×


特別編は読むだけのつもりでいたんですが、なかなかに気になる作品が出てるので、少しずつ感想を書かせていただこうと思います。

これ、よく出来ていると思います。
残酷描写を積み重ねていくことで、最後には非日常的な世界へと展開させる、その繋ぎの手法が巧いです。橋の下の暗い感じを舞台の中心に選んだところも、よく考えられています。
鳩とか金などの各要素が政治的な意味合いを持つかどうかについては、ちょっとよくわかりませんでした。
いろいろ調べてみたんですが、明確にどれとどれが何を示しているのかが想像できなかったです。
それらについてはあまり深読みをしない形で、映像的な描写を駆使した作品として読ませていただきました。

ただ、もう、この作品はこういうジャンルのものでしょうから、例えばストーリー性を重視したタイプの違う他作品と相対的に比較して、点を決めるのは厳しかろうと思います。
あえて難を言うなら、もっと短く纏めた形式でも良かったかなと感じるくらいで、これはこれでいいんじゃないかという気がしました。

アイデア・1、構成力・1

名前: 気まぐれルート66 ¦ 00:02, Monday, Dec 14, 2009 ×


ラスト、夜が明けてからの光景の描写が凄まじいですね。西洋の、荘厳な宗教絵画のテイストで情景がありありと思い浮かびました。ミケランジェロとかダヴィンチとか、ああいう雰囲気です。その情景に深く魅せられました。
再読時に、政治風刺…?とかチラっと思いましたが、そうなると途端にラストの美しい光景が消し飛んでしまいそうになるので、もうそのことは考えないようにしました。

*描写+1 *構成+1

名前: げんき ¦ 19:29, Wednesday, Dec 16, 2009 ×


△ページのトップへ
 

▲怪集 総扉

主催者からのお知らせ
公開中の作品一覧
最新因果地図(画像)
審査用チェックシート
戯作三昧 on 蝗の村

戯作三昧 on ある告白

戯作三昧 on 地獄蟻

気まぐれルート66 on 蝗の村

げんき on 蝗の村

げんき on 夜の蜘蛛は殺すな

げんき on

ほおづき on 夜の蜘蛛は殺すな

ほおづき on

げんき on 虹色の部屋

【−2】友情 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+2】蝶々妹 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】シデ、ムシ (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】わらいごと (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【+1】シュレーディンガーの蚊 .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−2】地獄蟻 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】柿の木だけが知っている (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】ある告白 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【0】あなたの気持ちが知りたく .. (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

【−1】遠い光 (峠の塩入玄米茶屋/2009) «

   URLを携帯にメールする

この作品/記事のURLをQRで読む

QRコードの中に
潜む実話怪談

■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE